2019/2020 演劇 『タージマハルの衛兵』
公演プログラム 新国立劇場

新国立劇場 2019/2020シーズン
演劇「タージマハルの衛兵」[日本初演]/小川絵梨子
Guards at the Taj
小劇場

シリーズ「ことぜん」Vol.3

新国立劇場で2015年12月に上演された『バグダッド動物園のベンガルタイガー』の作家であるラジヴ・ジョセフが同年6月に初演した『タージマハルの衛兵』を、ことぜんシリーズの第三弾として日本初演いたします。

タージマハル建設中のムガル帝国。その完成前夜から始まる物語の登場人物は、フマーユーンとバーブル、たった2人。タージマハルの建設現場で夜通し警備をする、幼馴染でもあるふたりの会話からは、美と権力、支配者とレジスタンス、国への忠誠と個人の尊厳など、多くの問題をはらみ、時間が経つにつれて次第にスリリングになっていきます。

ある枠組みの中に生きる人間が抱える、普遍的な葛藤を描く物語。
販売価格

800円(税込)

購入数

おすすめ商品