2014/2015 オペラ 『さまよえるオランダ人』 公演プログラム 新国立劇場

2014/2015シーズン
オペラ「さまよえるオランダ人」/リヒャルト・ワーグナー
Der fliegende Holländer/Richard Wagner
全3幕〈ドイツ語上演/字幕付〉
オペラパレス
ワーグナー楽劇の出発点!
呪われたオランダ人船長を救う永遠の愛

 オランダ人船長が神を罵った罰で永遠に海をさまよい続けるという近代イギリスの伝承をもとに、ワーグナー自身が遭難しかかった体験を重ね合わせて書かれた、初期のオペラ。永遠に海をさまよう呪われたオランダ人船長を、乙女ゼンタの愛が救う物語で、この「愛と自己犠牲による救済」は本作以降、ワーグナー作品に共通するテーマとなっています。マティアス・フォン・シュテークマン演出により2007年初演、12年再演を経て、今回が3度目の上演となります。
 出演は、トーマス・ヨハネス・マイヤー、リカルダ・メルベートとバイロイト音楽祭でも活躍するベテランを主役2役に配したほか、難役エリックにダニエル・キルヒ、ダーラントにラファウ・シヴェク。シヴェクは『ドン・カルロ』フィリッポ二世にも出演します。指揮は飯守泰次郎オペラ新芸術監督です。

公演詳細はこちら
販売価格
1,000円(税込)
購入数