2010/2011 演劇 『ゴドーを待ちながら』 公演プログラム 新国立劇場

「JAPAN MEETS・・・」シリーズの最後は、世界演劇の流れを変えた記念碑的作品の登場です。
この作品は1953年にパリで初演され、当初は悪評で迎えられましたが、
その後「不条理演劇」の代表作として演劇史に名前を残し、
現代演劇の礎として今もなお世界各地で上演されています。

我が国でも60年に初演され、以来さまざまな上演を重ね、
また別役実をはじめ多くの劇作家たちに多大な影響を与えました。
今回の上演では、ともに新国立劇場初登場となる橋爪功、石倉三郎の二人を迎え、
丁々発止のやりとりと、新鮮な顔合わせによる刺激的な舞台が期待されます。

ものがたり
田舎道、一本の木がある。
夕方。
エストラゴンが道端に座っている。靴を脱ごうとするのだが、なかなか脱げない。
そこへヴラジミールがやってきて他愛のない会話が始まる。
やがて、エストラゴンが立ち去ろうとするのをヴラジミールが留める。

エストラゴン     どうして。
ヴラジミール     ゴドーを待ってる。
エストラゴン     そうだね。

二人はゴドーに会ったことはなく、いつまでも待ち続ける。
そこにポッゾとラッキーがやってくる。やがてラッキーは哲学的な演説を始める。
二人が去った後、少年が現れゴドーの伝言を伝える。

今夜は来られないが、明日は必ず来ると。

そして翌日、同じ時刻、同じ場所。
エストラゴンとヴラジミールはまたゴドーを待ち続ける。

世界演劇史に燦然と輝く傑作。満を持して登場です。


スタッフ

作:サミュエル・ベケット
翻訳:岩切正一郎
演出:森 新太郎

キャスト
橋爪 功・石倉三郎
石井愃一・柄本時生・山野史人

販売価格
800円(税込)
購入数