2010/2011 バレエ 『ラ・バヤデール(牧阿佐美版)』 公演プログラム 新国立劇場

2010/2011シーズン

ビントレー芸術監督が世界中で最も完成度が高い
と絶賛する牧阿佐美版『ラ・バヤデール』公演プログラムです


ビントレー芸術監督が世界中で最も完成度が高い
と絶賛する牧阿佐美版『ラ・バヤデール』



2000年11月に牧阿佐美舞踊芸術監督の
新国立劇場での改訂振付第1作として新制作された『ラ・バヤデール』は、
古典バレエの様式美を存分に堪能できる演出、
スピード感あふれるスペクタクルな展開、
豪華でオリエンタルな深い色彩の舞台美術によって、
既成の版にはない斬新さを示して大成功をおさめました。


各国でバレエを見てきたビントレー次期芸術監督が
世界中で最も完成度が高い『ラ・バヤデール』と絶賛、今回の3度目の再演が決定しました。



当プロダクションの特徴は随所にあります。
例えば、夢の場の精霊の踊りは、3段のつづら折スロープを
ゆっくりと舞い降りる32人のダンサーによる精霊たちの姿が圧巻。
また、物語の最後では寺院が轟音とともに崩壊し、
その廃墟の中をニキヤとソロルが共に天に昇って行くシーンも息を呑むような美しさです。



なお、この終幕場面の音楽は、バレエ界の名指揮者・名編曲者で知られた故ランチベリーが、
特に新国立劇場版のために編曲しています。
登場人物が織り成すドラマも『白鳥の湖』や『眠れる森の美女』といった
古典作品にない魅力があります。


寺院に仕える舞姫ニキヤは清楚で内に秘めた強さを持っています。
恋人で王に仕える騎士ソロル、ソロルを慕う王の娘ガムザッティのニキヤとの確執、
ニキヤを憎からず思う大僧正など、複雑な人間ドラマを演ずる
それぞれのキャストを楽しみに公演に足を運ぶ観客も多い作品です。



スタッフ

【振 付】M.プティパ
【演出・改訂振付】牧 阿佐美
【作 曲】L.ミンクス
【編 曲】J.ランチベリー
【照 明】磯野 睦
【指 揮】アレクセイ・バクラン

【管弦楽】東京交響楽団


キャスト
【ニキヤ】
小林ひかる
(英国ロイヤルバレエ)(15日・18日)
川村真樹(16日)
小野絢子(22日)
寺田亜沙子(23日)
*15日、18日につきましては、出演を予定しておりました
スヴェトラーナ・ザハロワに代わり、小林ひかるが出演いたしました。

【ソロル】
デニス・マトヴィエンコ
(マリインスキー劇場バレエ)(15日・18日)
芳賀 望(16日)
福岡雄大(22日)
山本隆之(23日)

【ガムザッティ】
厚木三杏(15日・18日)
堀口 純(16日)
本島美和(22日)
長田佳世(23日)

【ハイ・ブラーミン(大僧正)】
森田健太郎(15日,16日,18日)
輪島拓也(22日,23日)

【マグダヴェヤ】
吉本泰久(15日,18日,23日)
八幡顕光(16日,22日)

【黄金の神像】
福岡雄大(15日)
福田圭吾(16日,22日)
八幡顕光(18日,23日)

販売価格
1,000円(税込)
購入数