2018/2019 オペラ 『トゥーランドット』 公演プログラム 新国立劇場

新国立劇場 2018/2019シーズン
オペラ「トゥーランドット」/ジャコモ・プッチーニ
Turandot / Giacomo PUCCINI

※フランコ・アルファーノ補筆
全3幕〈イタリア語上演/日本語及び英語字幕付〉
オペラパレス

氷のような姫君の心を溶かす愛。プッチーニのグランドオペラ

「オペラ夏の祭典2019-20 Japan Tokyo World」は、新国立劇場と東京文化会館が2020年に向けて、日本を代表する各地の劇場と連携して2年にわたり展開する国際的なオペラプロジェクトです。

2019年夏に上演するのは、古代中国を舞台にした寓話を、プッチーニがエキゾティシズム溢れる音楽で壮大に描いた『トゥーランドット』。指揮は大野和士、管弦楽は大野が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団をピットに迎えます。演出は、スペインの前衛パフォーマンス集団で、バルセロナ・オリンピック開会式の演出を手がけたラ・フーラ・デルス・バウスの芸術監督のひとりアレックス・オリエ。世界のオペラ界を席巻するオリエが、どのように壮大なドラマを描き出すかご期待ください。

タイトルロールのイレーネ・テオリン、ジェニファー・ウィルソンをはじめ世界トップクラスの歌手と、選り抜きの日本人歌手によるダブルキャストでお贈りいたします。
販売価格

1,000円(税込)

購入数

おすすめ商品