2018/2019 演劇 『骨と十字架』 プログラム 新国立劇場

新国立劇場 2018/2019シーズン
演劇「骨と十字架」/野木萌葱
Keep Walking
小劇場

進化の道をたどることは神に反することなのか――

実在した、古生物学者・神父テイヤールが信じる道とは......


シーズン最後を飾るのは、新世代の社会派劇作家として大きな注目を浴びている「パラドックス定数」の野木萌葱による新作書き下ろしです。

進化論を否定するキリスト教の教えに従いながら、同時に古生物学者として北京原人を発見し、一躍世界の注目を浴びることとなったフランス人司祭、ピエール・テイヤール・ド・シャルダンの生涯。どうしても譲れないものに直面したとき、信じるものを否定されたとき、人はどうなっていくのか、どう振舞うのか。歴史の中で翻弄されながらも、懸命に、真摯に生きた人々を描きます。

史実や実際の事件から登場人物を造形し、緊張感のある会話劇を展開する野木と、本シーズンから新国立劇場の芸術監督に就任した小川絵梨子。初めてタッグを組む二人が、どのような世界を描き出すのか、どうぞご期待ください。
販売価格

800円(税込)

購入数

おすすめ商品