2018/2019 オペラ 『フィレンツェの悲劇/ジャンニ・スキッキ』 公演プログラム 新国立劇場

新国立劇場 2018/2019シーズン
『フィレンツェの悲劇』/アレクサンダー・ツェムリンスキー
全1幕<ドイツ語上演/字幕付>
Eine florentinische Tragödie / Alexander ZEMLINSKY

『ジャンニ・スキッキ』/ジャコモ・プッチーニ
全1幕<イタリア語上演/字幕付>
Gianni Schicchi / Giacomo PUCCINI


オペラパレス

花の都フィレンツェで繰り広げられる様々な人間ドラマ。

ツェムリンスキーの悲劇とプッチーニの喜劇を一挙上演!

新国立劇場が今シーズンから1年おきに行うダブルビルの新制作公演、初回となる今回はフィレンツェを舞台にした2作品を上演いたします。
『フィレンツェの悲劇』は、夫婦と妻の愛人の3人が繰り広げる倒錯の世界を描いたオスカー・ワイルド原作のオペラ。世紀転換期のウィーンで活躍したツェムリンスキーの豊潤で官能的な音楽が魅力的な作品です。
一方、『ジャンニ・スキッキ』は、富豪の遺産相続をめぐる騒動と若い男女の恋物語を描いたプッチーニ唯一の喜劇。ラウレッタのアリア「私のお父さん」はコンサートで歌われることも多い人気曲です。
後期ロマン派を得意とする沼尻竜典の指揮に、イタリアで生まれ育った粟國淳の演出。脂の乗り切った2人がタッグを組むのも大きな魅力です。キャストには、セルゲイ・レイフェルクス、カルロス・アルバレスという世界的な名バリトンをそれぞれのオペラに迎え、齊藤純子、砂川涼子、村上敏明ら実力派日本人歌手が加わります。
販売価格

1,000円(税込)

購入数

おすすめ商品