2014/2015 演劇 『ウィンズロウ・ボーイ』プログラム 新国立劇場

2014/2015シーズン
「ウィンズロウ・ボーイ」
The Winslow Boy
小劇場
20世紀英国を代表する劇作家テレンス・ラティガンが、実際の事件にヒントを得て書いた4幕劇『ウィンズロウ・ボーイ』。

本作は、ロンドンの中流家庭を舞台に、窃盗を働いた罪で海軍士官学校を退学になった息子の無実を信じ、その名誉を回復させようと闘うことを決心した家族の姿を通して、"正義"とはなにかを問いかけます。重くシリアスなテーマを扱いながらもウィットとユーモアに富んだ会話劇として、1946年初演時1年を超えるロングランを記録。48年には映画化もされ、それまで喜劇作家として売れていたラティガンの名声を更に高めた作品です。

演出は、2005年に自ら「ラティガン祭り」と称して『ウィンズロウ・ボーイ』『ブラウニング・バージョン』『セパレート・テーブルズ』の3作品を企画・上演し、『ブラウニング・バージョン』では翻訳・演出にも携わった鈴木裕美があたります。
小林隆、中村まこと、竹下景子などの実力派俳優陣に加え、2013年『長い墓標の列』、14年『マニラ瑞穂記』に続き若く新鮮な魅力にあふれた俳優たちが出演します。どうぞご期待ください。



公演詳細はこちら
販売価格

800円(税込)

在庫数 在庫0個