2011/2012 オペラ 『こうもり』 公演プログラム 新国立劇場

こうもり
2011/2012シーズン
Johann Strauss II : Die Fledermaus
ヨハン・シュトラウス鏡ぁ秦3幕
【ドイツ語上演/字幕付】

夜会で口説いた仮面の美女は妻だった! オペレッタ最高傑作!


オペラのシーズンラインアップの幅を広げ、奥行きのある内容で多くの観客にお楽しみいただけるよう、優れたオペレッタ作品も上演演目に入れることを尾高芸術監督は就任当初より計画。
数ある名作の中から、世界各地でワルツ王の名を轟かせたシュトラウス鏡い手がけたオペレッタの最高傑作『こうもり』を選びました。
シュトラウスの街ウィーンでは、世界的な注目を浴びるニューイヤーコンサートと並び、
年末年始の風物詩として大晦日の晩に『こうもり』が上演されます。
2006年初演の新国立劇場プロダクションは、ウィーン宮廷歌手の称号を持つツェドニクのオペラ演出デビュー作品です。
『こうもり』の4役をレパートリーとするほど作品を知り尽くした演出家による、ウィーンの香り漂う小粋でエレガントなプロダクションとなりました。
エンターテインメント性の高い作品ですが、歌唱力ばかりでなく演技・表現力をも要求される作品のため、指揮にエッティンガー、歌手陣には、ウィーン国立歌劇場を中心に活躍するウィーン生まれのエレートなど最高の布陣で臨みます。
2011年の師走は新国立劇場オペラパレスで、喜歌劇“こうもりの復讐”をお楽しみください。



◆スタッフ
【指揮】ダン・エッティンガー
【演出】ハインツ・ツェドニク
【美術・衣裳】オラフ・ツォンベック
【振付】マリア・ルイーズ・ヤスカ
【照明】立田雄士


◆キャスト
【ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン】アドリアン・エレート
【ロザリンデ】アンナ・ガブラー
【フランク】ルッペルト・ベルクマン
【オルロフスキー公爵】エドナ・プロホニク
【アルフレード】大槻孝志
【ファルケ博士】ペーター・エーデルマン
【アデーレ】橋本明希
【ブリント博士】大久保光哉
【フロッシュ】フランツ・スラーダ
【イーダ】平井香織

【合  唱】新国立劇場合唱団
【バ レ エ】東京シ テ ィ ・バ レ エ団
【管 弦 楽】東京フィルハーモニー交響楽団


販売価格

1,000円(税込)

在庫数 在庫0個