2017/2018 演劇 『プライムたちの夜』プログラム 新国立劇場

美しい想い出、愛する人、永遠――
人工知能は人を幸せにするのか?

とある家の居間、85歳のマージョリーが30代のハンサムな男性と会話している。だが、昔の二人の思い出に話が及ぶと、その内容に少しずつ齟齬が生まれる。戸惑うマージョリー。実はその話し相手は、亡き夫の若き日の姿に似せたアンドロイドだった。
薄れゆくマージョリーの記憶を何とかとどめようとする娘夫婦。愛する人を失いたくない家族の愛をテクノロジーはどこまで補えるのだろうか......。
現代欧米戯曲を日本で初演する企画の第5弾は、アメリカの新進作家ジョーダン・ハリソンの『プライムたちの夜』。
2014年、ロサンゼルスでの初演直後から反響を巻き起こし、2015年にピュリッツァー賞の最終候補作品となり、オフ・ブロードウェイでの再演、さらには映画化され2017年サンダンス映画祭でプルミエ公開され高い評価を得ています。
この話題作の演出を手がけるのは、新国立劇場芸術監督の宮田慶子、出演は、新国立劇場初登場となる浅丘ルリ子、そして香寿たつき、相島一之、佐川和正ら、演出家の信頼篤い四人の顔合わせが実現、まさに開場20周年にふさわしい豪華な布陣でお贈りいたします。

公演詳細はこちら
販売価格

800円(税込)

購入数