2016/2017 オペラ 『蝶々夫人』 公演プログラム 新国立劇場

2016/2017シーズン
オペラ「蝶々夫人」/ジャコモ・プッチーニ
Madama Butterfly / Giacomo PUCCINI
全2幕〈イタリア語上演/字幕付〉
オペラパレス

一途に愛を貫いた蝶々さんの運命に、劇場中が涙に包まれる

明治の長崎を舞台に、アメリカ海軍士官ピンカートンに一途な愛を捧げる15歳の蝶々さんの哀しくも美しい運命を描いたプッチーニの傑作オペラ。新国立劇場で最も数多く上演されている人気作品で、公演のたびに聴衆を感動の渦に包みこんでいます。1幕の甘美な二重唱、2幕の蝶々さんの名アリア「ある晴れた日に」、そして幕切れの絶唱「さよなら坊や」など全編に渡り聴きどころ満載。栗山民也による演出は、シンプルながらも美しい舞台で、蝶々さんの愛と哀しみを雄弁に語ります。オペラデビューにもぜひおすすめしたい名作オペラです。

21世紀のディーヴァ、安藤赴美子が歌う蝶々さんに注目

タイトルロールは、新国立劇場オペラ研修所から羽ばたき、日本を代表するプリマへと成長を遂げた安藤赴美子。待望の日本人ソプラノ歌手による蝶々夫人にどうぞご期待ください。ピンカートン役はイタリア人テノールの注目株リッカルド・マッシ。輝かしく力強い歌声で近年世界中のオペラハウスで引っ張りだこの逸材です。シャープレス役には14年公演に引き続き甲斐栄次郎が出演します。指揮は、ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場などで活躍し、現在ワシントン・オペラ音楽監督を務めるフィリップ・オーギャンです。

公演詳細はこちら
販売価格

1,000円(税込)

購入数