2016/2017 オペラ 『ワルキューレ』 公演プログラム 新国立劇場

2016/2017シーズン
オペラ「ワルキューレ」楽劇「ニーベルングの指環」第1日/リヒャルト・ワーグナー
Die Walküre“Der Ring des Nibelungen”Erster Tag/Richard Wagner
全3幕〈ドイツ語上演/字幕付〉
オペラパレス

2016/2017シーズンは、「指環」の第2作にあたる『ワルキューレ』で開幕します。『ワルキューレ』は「指環」全4部作の中で最も人気が高い作品で、ジークムントとジークリンデの禁断の愛、ヴォータンと愛娘ブリュンヒルデの永遠の別れなどがドラマティックに描かれます。
「ワルキューレの騎行」をはじめ、ジークムントの「冬の嵐は過ぎ去り」「ヴォータンの告別」などはコンサートで演奏されることも多い有名曲。
飯守泰次郎芸術監督の指揮、ドイツの巨匠ゲッツ・フリードリヒの演出でお贈りします。悲劇のヒーロー、ジークムントを歌うのは世界的なヘルデンテノールのステファン・グールド。ジークムント役を舞台で演じるのは初めてとなり、期待が高まります。
神々の長ヴォータン役は、今年3月の『サロメ』ヨハナーンの圧倒的な歌唱で聴衆を魅了したグリア・グリムスレイ。ブリュンヒルデ役は、ワーグナー・ソプラノとして第一線で活躍するイレーネ・テオリンです。また、ジークリンデ役に期待の若手ジョゼフィーネ・ウェーバー、そしてフリッカ役には新国立劇場でもおなじみのエレナ・ツィトコーワを迎えました。
強力なキャストによる『ワルキューレ』にどうぞご期待ください。

公演詳細はこちら
販売価格

1,000円(税込)

購入数