2015/2016 オペラ 『アンドレア・シェニエ』 公演プログラム 新国立劇場

2015/2016シーズン
オペラ「アンドレア・シェニエ」/ウンベルト・ジョルダーノ
Andrea Chénier/Umberto Giordano
全4幕〈イタリア語上演/字幕付〉
オペラパレス

断頭台の露と消えた詩人シェニエと伯爵令嬢の激しい恋

激動のフランス革命を舞台に、詩人シェニエと伯爵令嬢マッダレーナの出会いから悲劇的な結末までが、美しくダイナミックな音楽で描かれたウンベルト・ジョルダーノの人気オペラ。「ある日青空を眺めて」「祖国の敵」「亡くなった母を」などコンサートで歌われることも多い名アリアの数々が、ロマンティックで情熱的な愛のドラマを盛り上げます。フィリップ・アルローによる演出は、回転舞台、光と影、色彩を効果的に使ったプロダクションで、壮大なスケールの物語を雄弁に描き出します。

ヴェントレ、シーリ、ヴィテッリによる声の饗宴

歌の醍醐味が存分に味わえる本公演、贅沢なキャストが揃いました。タイトルロールは、輝かしく力強い声が魅力の人気テノール、カルロ・ヴェントレ。2013年「アイーダ」ラダメス以来待望の再登場です。悲劇のヒロイン・マッダレーナ役は、2015年「トスカ」タイトルロールに引き続いての出演となるウルグアイ出身のソプラノ、マリア・ホセ・シーリ。そして、2014年「道化師」トニオで見事な熱唱を聴かせたヴィットリオ・ヴィテッリがジェラールを演じます。指揮は天性の才能とカリスマ性で注目を集めるイタリアの若手ヤデル・ビニャミーニです。

公演詳細はこちら
販売価格

1,000円(税込)

購入数